スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地盤沈下によるかさ上げの必要性

本日、関東圏から友人が訪ねて来てくれました。
釜石市内や近隣の震災状況を見せて、被災状況を説明しました。
その道中の中での海のシャメです↓
4829766008906.jpg
※2011年08月13日14:47撮影

この画像を見てみると、海水が足元まで流れてきていますね。
震災による地盤沈下が80cm位起こったようです。

僕の店があった大町は、昔から水害でよく洪水・浸水になってました。
大雨・台風などによるものが殆どですが、わりと長く降り続く雨による影響が多かったです。
山水から流れる川の氾濫や、道路に降った雨水の水はけが追いつかない事情と、低気圧の影響で海面が上昇するため、洪水・浸水になっています。

つまり、震災後に同じような水害が発生した場合は、これまでの水害+80cmになる計算になります。
ちなみに、年間で海面の潮位が約120cm高い、8月~12月に水害が起こった場合、なんと2mの浸水になる計算です!
そこで台風による豪雨が発生した場合、また釜石が苦手な長く降り続く雨だったら川の氾濫・道路排水のあふれは勿論・低気圧による海面上昇による海水浸水、その時間帯が満潮時らら、きっと大変なことになるでしょうね。
ただでさえ温暖化で年間2cmだったか海面上昇してるようですし。

僕が思うに、全く不謹慎ですけど、ここまで津波で流されたので、残った鉄筋とかの建物はジャッキアップして、思い切って大町はかさ上げしないと被災の繰り返しですね。
かさ上げしないなら、大町での店舗営業・住居生活は、ちょっと怖くてできませんね。

三陸は必ず津波が来ますから、今後の釜石の街づくりは大注目です。
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

↓↓↓ オススメPCMAX♪ ↓↓↓
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
カテゴリ
最新記事
プロフィール

BarLINK山崎

Author:BarLINK山崎
岩手県釜石市に実在する正統派ショットバー。
釜石市大町の店舗は東日本大震災で被災したが、被災地に残ることを決めて2012年1月に鈴子広場内の仮設店舗にて営業を再開した。
メニューの100%が500円で、お会計は超明朗会計の全て前払いキャッシュオンデリバリー。※ご精算はありません。※各種クレジットカード使用可。
市販のジュースは使用せず、輸入したてのシトラスでお作り致します。
スタッフ一同ご来店お待ちしておりますm(__)m
---
〒026-0031
岩手県釜石市鈴子町14
釜石はまゆり飲食店街A205
TEL 0193-22-3654
ラインID(barlink)
営業時間 20:00~
※入店22:00迄・LO23:00
休業曜日 日曜

月別アーカイブ
ワクワクメール
リンク関連記事
検索
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
RSSリンク
QRコード
QR
最新トラックバック
ハッピーメール
ハッピーメールバナー
ミントC!Jメール


PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
イククル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。